沖縄そば

とらや→公設市場→壺屋

福岡から元同僚、師匠(仮名)が遊びに。

私に「データは嘘をつかない」という名言とともに、Accessをみっちり仕込んでくれた師匠。
部署は違えどめちゃめちゃ可愛がってくれて、大変お世話になった方なので、全力でおもてなしする所存。

というわけで、午後休とって空港へお迎えに。

遅めのお昼は沖縄そばがいいとのことだったので、とらやにお連れしました。

▼過去記事はコチラ。
1回目
2回目
3回目
4回目
5回目
6回目

かつおだし、うまー。
師匠もお気に召したご様子。
よかったよかった。

沖縄そば

毎回同じこと書きますが、誰がどの記事を読みに来られるか分からないので、一応、初めての人が読んでも分かるように毎回書きます。
(しかもコピペ)

とらやは小禄駅の近く、赤嶺駅との間にあると。
木灰を使った手打ち麺と鰹出汁がウリだと。
私のオススメは沖縄そばとヒラヤーチだと。
私と家人にとって沖縄で一番美味しい沖縄そばの店だと。
普段、健康のために麺類の汁は全部飲まんごとしとるけど、ここのは絶対全部飲んでまうと。

▼3月の写真ですが、ここにも貼っておきますね。
メニュー

師匠は旭橋に宿をとったとおっしゃるので、ゆいレールでぴゅいっと移動。
ホテルに荷物を置き、てろてろ国際通りまで。

旧公設市場

古い方の公設市場は、完全封鎖。
解体してからの新設、完全復活は3年後ですかね。

新公設市場

で、仮設市場に行ってみました。
旧市場から徒歩2分くらいのとこ。

大好きな歩のサーターアンダギー。
ちゃんと仮設市場でも営業されておりました。

サーターアンダギー

今日も歩のお母さんは優しかった。

ありがとうございますお母さん!!!
大好きだお母さん!!!

▼過去記事に「本土からお友達が来たら、絶対にここを勧める」って書いたの、有言実行しちゃった。笑
1回目

陶芸に興味があるとおっしゃるので、ぷらぷら壺屋まで。

新垣家住宅

焼き物のお店を色々見学しつつ、新垣家住宅(昔の陶工の住宅)を外から見学。

▼壺屋の過去記事はこちら。
1回目
2回目
3回目

登り窯

登り窯は壁から背伸びしないと見えない。

私が移住して1年目の年、同僚の中で最初に遊びに来てくれた兄貴の近況を聞いたら、一昨年病気でお亡くなりになったとのこと。

あれは、虫の知らせで最後のお別れに来てくれたのかなあ。
あの時はお元気そうだったのに。
せんべろで超ご機嫌だったのに。
まだまだ議論したいことたくさんあったのに。

あの優しい笑顔にはもう2度と会えないのか。
ご冥福を心から祈ります。

会いたい人には、生きてるうちにちゃんと会おう。
生きてるうちに優しくしよう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA