公設市場〜壺屋やちむん通り

市場本通り散策の後、牧志公設市場にGO。
この平成の世に漂う昭和感。
昔からのお店がたくさん入ってます。

昔はこういうお肉屋さんや魚屋さんがたくさんあったのにな〜。
もやしとかパック詰めやのうて、漬け物樽サイズのバケツで水に浸かった状態で計り売りしよったが。(年がバレる)

友達の家が肉屋で、片隅で一緒に宿題やったのもいい思い出。
結構な生臭さだったけど、それもまた一興。

▼お約束の豚さん。もちろんこの後全部食べるそうです。

▼見てくれが強烈なイラブチャー。
イラブチャー

イラブチャー

皮が分厚くて硬いけど、白身で美味しい魚です。
青い魚はひとくくりでイラブチャーと呼ばれてることが多いけど、たぶん細かい種族が。
調べるとキリがないので割愛。(手抜き)

▼このディスプレイのセンスが何か凄い。
イラブチャー

アカマチ

公設市場の1階は市場、2階は飲食店になってます。
1階で買ったお魚やお肉は、2階のお店で有料調理してもらえますが、今回はNOチャレンジ。
(というかまだ1度もやったことない。住んでると自分の家で調理できるからなー……)

公設市場見学終了の後、壺屋やちむん通りへ移動です。
やちむん=焼き物、陶器の町です。

▼やちむん通り入り口の、どでかシーサー。これは晴れた日に撮影したもの。この日は小雨の曇天。

▼新垣家住宅。これも晴れた日に撮影したもの。

▼可愛い焼き物屋さんがたくさん。

お金と収納スペース持ってたらきっと楽しい街だなも……。

▼他に安全な場所があるだろうになぜそんな数メートルの高台に……?

結構な距離を歩きました。

続く。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA