ミスド

続・ビギナーさん向け:ストックフォト生活まとめ

以前、ビギナーさんがストックフォトを始めるにあたり、とりあえずphotoAC(写真AC)に登録すれば、そこまでちゃんとしたカメラは買わなくても……的な記事を書きましたが。

▼ビギナーさん向け:ストックフォト生活10ヶ月まとめ
https://koenig.okinawa/stockfoto-3/

だいぶ状況が変わって来たので、ここいらでひとつ見解を改めようと思います。

ちゃんとしたカメラ、要ります。

といいますのも、2018年8月以降、photoAC(写真AC)の審査が恐ろしく厳しくなってきて、室内南側窓辺レフ板使用で撮った写真でさえ、ことごとく通らなくなってきたからです。
ちなみに撮影機材はスマホ。
※あくまでも個人の体験です。スマホ写真でも、通る人は通ると思います。

最近、スマホ写真だとアップしただけでタイトルもタグも入れない内から却下をくらったりするのです。
しかも相当数まとめて。
今までこんなことはなかったのに。

今までだとアップ時はすべて保留状態になり、タグを入れてから審査に落ちることはあったけど、保留にもならずに審査落ちて。
これはかなりのショックです。

審査落ちの理由は

「現在、この作品は「ボケ/ブレ/露出/ピント/色調/トリミング/背景の処理など、ストックフォトの水準に満たない」のため、非公開となっております。」

ということなのですが。

同じ条件で撮った、ちょっといいコンデジ(COOLPIX P510)写真は審査に厳しい他社でちゃんと通るので、これはもう腕云々より撮影機材のスペックが問題なのかなあと。

大変失礼な言い方ですが、photoAC(写真AC)で審査が通らないって、もう末期です。

他のサイトで落ちた写真でもphotoAC(写真AC)では絶対に通っていたし、え?こんなんも通るの?ってレベルの写真もたくさんあったので、自分的にはここが最後の砦だったのですが。
そこが通らないとなると、もう使用機材を良いものに改めるしかないなあと。

ただ、だからといって一眼レフでなくとも……という気持ちはあまり変わっていません。
素人さんの使う機材としては20,000円くらいのちょっといいコンデジでも充分だと思います。

コンデジでも写真が1枚4MB以上で審査基準を満たしていれば、Shutterstockなど世界的大手サイトでも充分写真は通ります。

従って、現在の私の見解は

ストックフォトはそこそこ良いコンデジ以上で始めるべし

に変わりました。

本当は「良いカメラを買ったので試しにストックフォトを始める」はアリですが、「ストックフォトのために良いカメラを買う」はちょっと待ってほしい、という本音は、変わりません。
売れない人は売れないですもん、この世界。
(中には売ろうと思ってなくて、自分の写真を見てほしいから、という方もいらっしゃると思いますが)

でも最近、売れるようになるのは本人の努力次第なので、良いカメラを持てばかえって「売れるようになりたい」というプレッシャーになっていいのかなあ、とも思うようになってきました。

私より先にストックフォトを始め、私より売れていない方、逆に私より後に始め、私の倍以上売れている方、パターンは様々。
カメラさえ良ければ売れる、という構図でないことは確かです。

私はスマホとIXY150以外だと、6年前に20,000円ちょいで買った COOLPIX P510 を使っています。

camera

一眼レフには性能が劣りますが、ぶっちゃけレンズ交換が面倒臭いので、私のようなモノグサにはむしろぴったり。笑

安いし、望遠もそこそこ強いし、色も可愛いし。
コンデジにしては重いかもしれないけど、フィルム一眼レフより全っっっ然重くないし!(年がバレる)

人生最初に使った NIKON FA や 2番目に使った EOS 55 に比べたら、COOLPIXなんて羽毛ですよ。
(盛りました。でも実際FAはボディだけでもCOOLPIX P510全体より重かった。望遠レンズなんぞ併せたら、もっと重かった)

量ってみたら、EOS 55が約1kg、COOLPIX P510が約500gでした。
そりゃ重いわ。

参考までに、COOLPIXシリーズは安いもので20,000円くらいです。
私は1年目のストックフォト売上が総額20,656円だったので、1年でモトがとれたことになります。
現在は4社で売上月間5,000円くらいなので、今のペースなら4ヶ月で回収できる計算になりますな。

個人的に、これくらいの初期投資ならアリかなと思っています。

この1年で学んだことは、ストックフォトは キラーコンテンツを如何にして見つけるかが鍵 ということです。

そこは腕というよりその素材に巡り合えるか、そこでちゃんと閃いてスルーせずに写真に残せるかだと思います。

その人にしか撮れない写真があるので、それがうまく世間のニーズに合えば儲けもん。
たくさん撮って、たくさん加工して、売れている素材が出てきたらそこをブラッシュアップしていけばいいと思うのです。

売上月間5,000円ごときが偉そうですが、あくまでもこれからストックフォトを始めようというビギナーさん向けの、個人の見解です。
ちゃんと売れたい方は売上上位の方のブログ等で刺激をもらってください。
売上1日数千円とか数万円とか数十万とかの人、世の中にゴマンといらっしゃいますので。

ということで、ストックフォトビギナーさんに送る、2度目の個人的見解まとめ。

  • カメラはそこそこ良いコンデジ以上のものを使うべし
  • キラーコンテンツを見つけるべし( 前回 も書いたけど大事なことなのでもう1度いう)
  • とにかくたくさん撮って、その中で売れるものに注力すべし
  • 無料ソフトで充分なので、写真加工ができるようになるべし(別記事参照

前回のまとめと併せて、ご参考になれば幸いです。

もうちょっと売れたらカメラ買い換えたいな〜。

ちなみに次に狙っているのは、COOLPIXの、この50,000円台のか、NikonのDシリーズ。
このCOOLPIX P900は友人Yが持っているんですが、コンデジとは思えないほど、望遠がすごい。

カンムリワシの羽ばたいてる写真とか、プロみたいでしたもん。
ストックフォトで売ればいいのに。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン コンパクトデジタルカメラ COOLPIX P900 P900BK(送料無料)
価格:54000円(税込、送料無料) (2018/8/28時点)

今使ってるのは、だいたい↓コレと同じスペック。これでも稼ごうと思えば稼げます。

最後にアイキャッチの話。

先日始めて食べた、ミスタードーナツのコットンスノーキャンディ@家人と半分こ。
撮ったものの、審査に通らないだろうなあとお蔵入りになりましたが、ここで日の目を。
美味しいけど、結構お高いんですね〜。

2件のコメント

  1. あなたの写真が悪いわけではありませんよ

    写真ACの審査をする方でやっつけで仕事をしているか、目が悪い方が審査をしているのだと思います。

    特に白背景はピントが合っていても落とされる傾向にあります。逆に白背景以外ではピントが合っていなくても受かることがあるので、もうめちゃくちゃですよ。

    他のシャッターストックやアドビストック、ピクスタの全てで受かった写真もたくさん落とされています。

    ちょっとおかしな審査員をなんとかしてほしいと私も思っていますが、会社自体もあまり評判がよろしくないのでキ*ガイな審査は続くでしょう・・・

    1. わあ!
      初コメントありがとうございます。
      海外展開でサイトの質をあげようと頑張っているのか、この1ヶ月で審査基準が明らかに変わりましたよね。
      こちらにはどう変えたのか詳細が分からないので、手探り状態です。

      白背景、面白そうなので今度試してみます!
      教えてくださってありがとうございました。

      そしてごめんなさい、いただいたコメント、一文字だけ伏せました。
      (この伏せ方じゃあ、あまり意味ないですが。笑)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA