チャンポン

沖縄のちゃんぽん

以前、沖縄のちゃんぽんは麺ではないのでいずれリサーチします!という話を先々週書きました。

▼これ。
https://koenig.okinawa/champon-2/

機会がありましたので、有言実行で食べておきましたとも。

そこまで好きでもないのに。

よくお世話になっている小禄駅前ショッピングモールにあるフードコートの、本家亀そば イオン那覇店。

日替わりメニュー

日替わりそば定食650円のメニューが「ちゃんぽん」だったので1人分頼み、家人が沖縄そばを、わたくしめがちゃんぽんを担当。

定食

沖縄の爆量定食は少食2人組や貧乏人2人組にとってはとっっっても助かります。

今日だって1人325円の外食夕飯ですもん。
なんて懐に優しい。
涙を禁じ得ない。

個人経営のお店ならば空気を読んで1人1品必須ですが、フードコートは自由ですからねー。
席さえ空いていれば、定食半分こでも顰蹙は買わない。
(フードコートとはいえ、さすがに混雑時にこれはしきらんですが)

チャンポン

で、ちゃんぽん。

お米

どうですか、このコメ。

ご飯

食べども食べども、コメ。

麺なんて微塵も感じられない。

なんでしょう、この独自路線。

どうして本土のちゃんぽんと同じ名前なんだろう。
というか、誰がこれをちゃんぽんと言い出したんだろう。

麺のちゃんぽんと同じ名前だけど、中身はコメっていう。

ちゃんぽんは、基本的にはご飯に野菜の卵とじがのった料理です。
お店によって、具材が変わるようで、肉部分がポーク(スパム)だったり、コーンビーフハッシュだったり。

私はコメより麺が好きなのであえて食べはしませんが、食べるとまあ、それはそれで美味しいです。
がっつり食べたい方にはちょーオススメ!

だいたいワンコインもしくは+αな値段なので、低予算でお腹いっぱいになれます。

沖縄の食堂には面白いメニューがいっぱいあるので、旅行でご当地グルメを楽しみたい方はぜひ、チャレンジしていただきたいです。

個人的には

  • A・B・Cランチ(お店によってAが高かったり、Cが高かったり。揚げ物の種類は店による。高くなるほど揚げ物が1品増える感じ)
  • ちゃんぽん(麺ではなく、ご飯のね)
  • みそ汁(生卵が入って具沢山でどでかい+デフォルトでご飯がついているので、単品と思って頼むと要注意)
  • 豆腐系の定食(ゆし豆腐:おぼろ豆腐、島豆腐:硬い豆腐)
  • チャンプルー(炒め物)、ンブシー(汁気の多い炒め物)類

あたり、THE オキナワ飯 という気がします。

以上、奥深き沖縄食堂メニューの世界でした。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA