ヤンニョムキチンラーメン

ヤンニョムチキン麺

友達が送ってくれた韓国麺シリーズ。

本日はヤンニョムチキン麺といきますか。
もちろん家人と半分こです。
1袋は多すぎる。

調味料 かやく

かやくが何なのかよく分からない。
揚げ玉なのか、チキンもどきなのか……。
あとは、液体に近いタレが。

汁なしタイプみたいです。
パッケージの写真と作り方から推測するに、お湯を切るっぽい。
(作り方は裏面の絵と数字を参考に、超テキトー)

ヤンニョムチキン麺 ヤンニョムチキン

せっかくなんで、フライドチキンとキムチトッピング。

味なんですが、うお〜ニンニク!!!
そして激辛!!!
(家人、辛すぎて完食に20分かかってました。私は全然辛くなかったけど、人と舌の痛覚が違うので、たぶん一般的に言って相当辛い)

ヤンニョムチキンというか、まんまコチュジャン。
※個人の感想です。
なんというか……激甘。
※個人の感想です。

ピビン麺(コチュジャンと砂糖とニンニクなどの調味料に絡めた冷麺。同じ味付けでピビン素麺もあります)に近い甘さです。
麺も細めだし、目を瞑って食べたら普通にビビン麺ですやん……。
※個人の感想です。

このあたり、単なる食文化の違いだけど、韓国とかタイの人っておしなべてお砂糖味の麺が大好きですもんね。
激辛の激甘って、ものすごい共通項な気が。

日本人の感覚だと、え、麺にそんなにお砂糖入れる?って思うけど、日本でもすき焼きとか甘めの料理がないわけではないからな〜。
そういう食文化だからな〜。

にしても体に悪そう、糖質+糖質て。

ヤンニョムチキン(唐揚げをコチュジャンベースのタレに絡めたもの)も確かに甘辛いけど、ここまで甘かったかなあという感想です。

まあでもこの甘さだと確かに、韓国の人が好きそうな味かも。

ちなみに送ってくれた友達は鶏が嫌いでヤンニョムチキンを全く食べない人なので、再現率の高さも分からないそう。
この麺はまだ食べていないらしく、感想は聞けませんでした。

個人的に、南九州あたりでウケそうな気がします、この味。

九州って南に行けば行くほど、おかずの味付けが甘めになるんですよね〜。
さつま揚げとか肉味噌とか煮物とかすき焼きとか、とにかく最初に入れる砂糖の量がすごいんですもん。
お醤油もびっくりするほど甘いのあるし。

甘いおかず、辛いおかずがお好きな方にオススメしたいと思います。
(私は前者がちょっと無理)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA