サリコムタン

サリコムタン

5月に家人が大阪で仕事をした時、鶴橋で買ってきてくれたサリコムタン。
サリ=麺、コムタン=牛骨スープという解釈でいいのではないでしょうか。
賞味期限が近いので、本日実食です@家人と半分こ。

鶴橋は大好きなんだけど、遠くてなかなか行けません。
韓流ドラマも韓流スターも韓流アイドルも全く分からないですが、市場とか食文化って見てるだけで楽しい。
どこの国の市場もそうだけど、あの雑多な感じ。
たまらんです。

蓋

おお。
蓋が開けやすくなってる。
ツマミが2箇所。
W型。
おててが使いにくい方には開けやすくて良さそうですね。

スープ

カップ麺なので、かやくはもともと入っているタイプでした。
(ネギしか分かんない)

スープは、うま*っちゃんみたいな、とんこつっぽい白い粉末。
まあ、豚骨ではなく、牛骨ですけど。

麺

韓国のラーメンにしては、全く辛くないし、麺も細め。
まさにうまかっち(自主規制)。

とんこつが主流な九州人は好きな味だと思います、これ。
全然牛臭さは感じないし、予備知識なしで食べたら、絶対とんこつと勘違いしそうな味。

薄味なのは、栄養のために白ネギ1/2本どか入れしたからなのか、もともとなのか。

wikiによれば、コムタンとは「牛の肉・内臓等を長時間煮込んで作る、シンプルなスープ料理」。

結論として、韓国ラーメンにしては物凄く優しい味で美味しいです。
いつもパンチの効いた辛い麺ばっかりだから、たまには癒されますな。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA