辛ラーメン

辛ラーメン

あっという間に令和最初の1ヶ月が終わろうとしております。
早いなー。

ま、令和だからって何かが変わるわけでもなく。

みなさまそうだと思いますが、私も淡々と生きてます。
人生ってそんなもん。

スープ かやく ラーメン

韓国人の友人はこれにすりおろしたニンニクとししとうくらいの大きさの青唐辛子を数本入れて食べるんですが、ただでさえ辛いスープどんだけ辛くするん……。

夕飯 拉麺

エビチリとエビマヨの惣菜はスーパーで安くなっていたので買ってみましたが、ほぼコロモの、中身スッカスカでした。
2度と買わん。笑

原材料

あ、例によって1袋半分こです。
ボリュームが重すぎる、韓国のラーメン。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

農心ジャパン 辛ラーメン(袋) 120g
価格:108円(税込、送料別) (2019/6/26時点)

最近のニュースを見てどうしても読み返したくなった本があるのですが、家の本棚で見つからない。
誰かに貸したままどこかに行ったっぽい。

仕方ないから買い直そうと思って新品・中古も含め、近所の本屋を数軒回るも見つからず。
えー、楽天も中古しかないのー。

もうアマ*ン使うしかないのか。
と思ったら、ア*ゾンも中古のみ。

絶版なのかなあ。
面白いのに。

何のニュースば見て読み返したくなったのかは、ご興味のある方だけあらすじをお調べください。
絶対にピンとくるはず。

そげなキトクな方はおんしゃれんち思うばってんが。
(↑五條瑛氏に対してという意味ではなく、全人類、ほぼ私の趣味・嗜好になど興味ないと思うので、という意味での「奇特」です)

五條瑛の小説は毎回ドキドキさせられるし、たまーに泣かされます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA