ピパーツ コーヒー

ピィパーズコーヒー

正月にやんばるに行った時に道の駅で見つけた、謎のコーヒー。

↓ピパーツ(ヒハツモドキ。ピパーチとかヒバーチとか地方によって呼び名が色々あるみたい)は特に好きでもないんですが、嫌いでもない。

ピパーツ ピパーツ

スパイスとして使う場合は、実が青いうちに収穫して、乾燥させて粉にするらしいです。
石垣島では若い葉を刻んでジューシー(炊き込みご飯)に入れます。

この写真は、うちのベランダのもの。
石垣島出身のご近所さんからいただくジューシー用に育てています。
入れるとふわりとピパーツの香りがして、美味しいのです。

話を戻すと、こんなスパイスがちゃんとコーヒーに合うのか?という興味本位で、買ってみました。

やんばるはピィパーズと呼ぶのだろうか。
その呼び方は、初めて聞いたな。

原材料

結論。

これは賛否両論別れる味。笑

珈琲豆

淹れたあとの写真は普通のコーヒーと何ら変わりないので、割愛。

熱い時はそうでもないけど、冷えてくるとピパーツ臭が強くなる気がします。

ココナッツコーヒーみたいな甘い香りではなく、独特なスパイス臭なので、これは好き嫌い分かれそう。

もちろん、ピパーツ好きな方には良い味なのではないかと。

沖縄でも珍しい組み合わせなので、勇気ある方はチャレンジしてみてください。

↓予想はしてたけど、やっぱり、ネットではこっちしか売ってないのですね〜。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA