マカロニサラダ

マカロニサラダ

昨夜ご近所さん1号からお持たせでいただいたおかずが、本日のお弁当。

おかげで一食助かりました。
ありがとうございます!!!

弁当

てんこ盛り。

スーナ

スーナ(スーナー。和名はユミガタオゴノリ)は、よく見ると茎が海ぶどうと同じ感じ。
変わった食感だなあ。

星条旗の憂鬱 アイム・ファイン!

たいしたネタがないので、最近買った本。

小説は目を使うので、できれば紙の本派。
電子書籍は通勤でちょい読みするのに重宝しますが、長時間はしんどいでな……。

五條瑛(ごじょうあきら)は私がいちばん好きな日本人小説家です。(今のところ)

ジャンルは何になるのかなあ。
スパイ小説なのか、推理小説なのか。

って、今、wikiを見たら「国際謀略小説を得意とする」と書いてありました。
あるんかい、そげなジャンル。

人生において本で泣いたことは3回しかないけど、そのうちの1冊がこの方の『スリー・アゲーツ』。
この、『星条旗の憂鬱』と同じ主人公が出ています。

先に『星条旗の憂鬱』を読んだ家人が悶絶してたので何事かと思ったら、ああ、そういうこと……。

葉山、相変わらずモッテモテなのな。
コンスタンティンみたい。(←キアヌ・リーブスが神様と悪魔にモテまくる映画。チョットチガウカ。うん。個人の見解)

どうでもいいけど、「鬱」という漢字、嘉門達夫の歌を聞いたら書けるようになりました。
高校時代、あの人の歌には結構お世話になったなあ。
「生物・漢字フラメンコ」とか「鬱」とか。
きっといい人なんだろうなと勝手に思ってます。笑

浅田次郎は、泣ける話を書く人という認識でしたが、エッセイは割と抱腹絶倒系だったのですね。
知らなかった。
ライトに読めていいです。

デブの壁……沖縄にもたくさ(自主規制)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アイム・ファイン! (集英社文庫) [ 浅田次郎 ]
価格:539円(税込、送料無料) (2019/10/11時点)

今後、気持ちが沈んでいる人には、宮田珠己、浅田次郎、米原万里のエッセイをオススメすることにします。
笑っていれば、きっといいことがあるはず。

そう思いたい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしの旅に何をする。 (幻冬舎文庫) [ 宮田珠己 ]
価格:586円(税込、送料無料) (2019/10/11時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

旅行者の朝食 (文春文庫) [ 米原 万里 ]
価格:605円(税込、送料無料) (2019/10/11時点)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA