展望台

小浜島:だいく家

※情報はすべて2019年7月現在。

朝ドラを見ないので全く分からないのですが、多分ちゅらさん好きにはたまらない離島、小浜島。

6年前におかんと1泊したことがあり、訪問は2度目です。
あれから6年もたつのかあ。
のどかで、何も変わらない印象。

暑いし、時々雨が降ってるし、催行2人なので潔くレンタカーです。
4時間レンタル、4,500円。(←6時間までこの値段)

ここも黒島同様ガソリン満タン返し不要でしたが、ガソリン代として別途一律1,000円取られます。
つまり、トータル5,500円。

▼小浜島のレンタル屋さん「結」
https://www.kohama-yui.com/rentacar.html

おいちゃんがめっちゃ親切。
色々穴場を教えてくださいました。

レンタカー

何度も言いますが、夏の沖縄のレンタサイクルは、死ねます。
もっとはっきり言ってしまえば、やめたほうがいい。
小浜島の起伏は結構激しいです。
電動自転車ならともかく、ママチャリは本当に命に関わります……。

で、車でぴゅいーっと定番の大岳展望台へ。
車を止めたら結構登ります。
海抜99m、300段近くの階段。

▼登り口付近の、やる気なさ全開の馬。
うま

八重山は蝶や虫のパラダイス!!!
これは男の子が喜びそう。
カマキリ先生も。

蝶もたくさんいましたが、動きが早すぎて撮影断念。

▼Coolpix P510:八重山トカゲ in 黒島
八重山石竜子

↓拡大。綺麗な尻尾!

蜥蜴

▼D5600:コフキショウジョウトンボ in 小浜島
コフキショウジョウトンボ

羽

流石のD5600、拡大するとトンボの羽の模様が全てくっきり見えるくらいの、ものすごい画質。
後日ストックフォトに投稿したら、さくっと採用でした。(使い道ないと思うけど)
やっぱカメラ大事だな……。

道産子Mは買うカメラを迷ったあげく、α6400を1週間1万円くらいでレンタルし、持参。

使い心地を試して買おうかなということでした。
ちょっと触らせてもらったけど、ミラーレスもいい!
光が少なくても、めちゃくちゃ綺麗に撮れます。

ただ、αはファインダーがついてたけど、炎天下でファインダーなしのミラーレスはライブビュー見るのが辛いかもと思いました。
なにせ光量が半端ないので、眩しすぎて見えないのです。
ライブビュー画面明るくすればするほど電池食うし。
※個人の感想です。

▼西表島方面。
展望台の景色

▼加屋真島方面。
展望台

展望台にいる間は、ちょっと晴れてくれました。
神様ありがとう!

その後、おいちゃんが教えてくれたガイドブックに載ってないビーチへ。

ビーチ 砂浜

人いなくて雰囲気もよかったですが、なにぶん曇天……。
全く映えない。

マングローブ

地図に載っていない、謎のマングローブ群生地にも寄ってみる。

みなみとびはぜ

トントンミーがわじゃわじゃいるー!
ぴょんこぴょんこかーわいーーーーーーー。

自分の中では超「映え」案件。笑

▼Coolpix P510:トントンミー(ミナミトビハゼ)
南飛鯊

沖縄の人はこれ食べないのだろうか。
有明海のムツゴロウは普通に食材だけど。
……調べたら、食べられなくはないけどあんまり食べないみたいですね。

郵便局

小浜島の郵便局は消印が可愛いので、出すために絵葉書を買ったら、しーぶん(沖縄語でオマケの意)いただきました。

消印

ちなみにこんなの。
意匠が美しい。

だいく家

お腹がすいたので、開いていたお店へ。

メニュー

メニュー

なにせ、平日で色んなお店が定休日でな……。
やっぱり観光客相手の商売だと土日に開ける方が儲かるんでしょうね〜、きっと。

パン パン

滅多に来られないところなので、気になったパンも試してみたら、めちゃくちゃ美味しかった。

なんだこのもちもちパン。
あと5個はいけそうな気がする。
いかんけど。(自重)

カレー

カレーもスパイシーで美味しい!

ポークもチキンもどちらも美味しい。
ポークは三枚肉使われてました。
柔らかくてうまし。

店員さんにオススメを聞いたらヤギそばと言われたけど、ヤギはどんなに臭くないと言われてもやっぱり臭いし肉が超カタイので、勇気を出せず。
(なら聞くな)

ごめんなさい。

ノコギリガザミそばもヤギそばも宿題だな。

小浜民族資料館、こはぐら荘などは前回行った&今回は時間がないので、割愛。

シュガーロード(ちゅらさんの撮影に使われたらしい、両サイドにサトウキビが生えた道)は、2019年7月現在、全くサトウキビ生えてませんでした。
時の流れよ……。

ほんと、離島はちゃんと回ろうと思ったら、1日要るな〜。
今日は時間の都合、滞在4時間だからな。
カナシイ。

小浜港で、道産子が美味しそうなアイスに反応。
滅多に来られないですもん、食べましょう食べましょう。

黒ごまアイス 黒糖アイス

うまし!

素材の香りが半端ない。

原材料

原材料

ここでも例外なく離島経済活性化のため、お土産いっぱい買いました。
塩もずくとか塩もずくとか塩もずくとか黒糖とか塩もずくとか。

島Tシャツは6年前に買ったのを未だ現役で着ているので、今回は買わず。

小浜港

またね!
小浜島。

※情報はすべて2019年7月現在。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA