2018年ストックフォト総括

2017年6月に始めたストックフォト。

今回は2018年度のまとめとして、収益(収支?)を振り返ってみます。

***表を作っていたのですが、諸般の事情により、公表を控えます***

年間、50,000円ちょい。
photoAC(写真AC)の売上をカウントできなかった月も2,000円は売れているはずなので、少なく見積もっても、4社総額53,000円くらいでしょうか。
私の場合、売上の60%はphotoAC(写真AC)でした。

最初の1年間の合計が 28,865円 だったことを思えば、倍近いです。

素人にしてはよく稼いだと思いたい。

換金は1社のみでお試し程度の額しかしてないし、換金していない額も4社合わせてトータル200,000円行ってないので、確定申告には含まない方向です。

つか、経費考えたらむしろ赤字です。
撮影にかかった旅費とか、三脚などの機材代とか、記録媒体代とか、通信費とか。
何なら写真編集に使うPC(減価償却費)も経費に含まれるので、全くもって赤字です。

それにしても、 PIXTA の売れなさったら。笑

後から始めた Adobe Stock の方が、よっぽど売れています。

このサイトに時々「PIXTA 売れない」でたどり着いてくる方がいらっしゃいますが、いや、もう、ほんと、心中お察しします。
(心と心ででがっつり握手!!!)

あのサイトに関しては、後進は検索結果で不利というのもあるけど、それでも結果出してる方はたくさんいらっしゃるので、センス磨くしかないのかなあ。

センスも才能も、無くてもある程度は磨けるものだと思うので、勉強続けてアンテナ貼り続けたいです。

今回、このデータを振り返るにあたり 過去記事 を見直してみたんですが、私、ほぼ毎月 photoAC(写真AC) について愚痴ってましたね。笑

この1年の不具合数列挙したら両手でも足りないですもん、ここ。
しかも、向こうにとっては軽い案件かもしれないけど、こちらにとっては結構重たいレベルの。
もういちいち内容まで書かないけど。
(今も問い合わせ1件、1カ月近く放置されてます。ふふふ)

申し入れに対する返信が超遅いことからも人手が足りてないことは理解するけど、それと対応の質は別物だと思うのです。
たとえ対応人数が少なくても遅くても、対応の質が良ければ納得できるけど(略)。

来年はもう少しちゃんとした会社になっていていただきたいです。 

その photoAC(写真AC) で一番売れた写真はこちらでした。

ベスト1

この写真を撮るために機材を揃えたわけではなく、家にあったものを適当にとっただけなのに、結構売れてくれました。
ありがとう、神様。

photoAC(写真AC)をに関しては、不具合とその対応がぐだぐだすぎて、Adobe Stock の売上がphotoAC(写真AC)を越えたら、もう手を引いてもいいかなあという気持ちではあります。

来年はシャッターストックとアドビをメインに頑張りたいです。
画質的には Adobe Stock よりも PIXTA よりも、一番通るんですもん、Shutterstock

あと、加工写真も通りやすい。
Adobe Stock は特に加工写真が通らないし、 PIXTA は特にISO感度の高い写真が通らないです。
Shutterstock なら全部通った写真でも。

個人的体験ですけど。

2019年は年間70,000円行けるよう頑張ります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA