クルル:スープパスタ

昼の残りのミネストローネに早茹でパスタを入れて夕飯。
正確にはミネストローネ的なにかであって、正式名称は冷蔵庫の残り物トマトスープです。

シュウマイはスーパーのお惣菜。
アボカドは翌日食べようと思ってたのに、冷蔵庫から落下したので、急遽本日。

余談ですがアボカド+ポン酢、意外といけます。
アボカド+シメサバ+ポン酢も最高です。
火を使わないつまみ。
飲めんけど。

早茹でパスタは、カップのスープパスタと同じ味だな〜。
すぐ食べられる分、コシとか求めちゃダメな味。
手軽でいいと思います。

夏目漱石の『満韓ところどころ』をやっと読み終えたのですが。
え……!ちょ……!
そげな衝撃的終わり方!?

文章は相変わらず秀逸で、ため息が出るほど美しい描写で、情景がありありと目に浮かんで面白かったのですが、結末に度肝を抜かれました。
たとえ思ったとしても、普通実行しないでしょそんな終わり方。
さすがだ、漱石。

そして明治生まれでよかったな、漱石。
平成のこの世でこの話書いたら、間違いなくヘイトスピーチと叩かれて炎上・謝罪騒ぎだば……。

それにしても、明治の御仁はたくましい。
さすが日露戦争に耐えただけのことはある。
ほぼ満州の話だったので、個人的にはもう少し朝鮮の話が知りたかったなー。

この後、スピリの『アルプスの少女ハイジ』英語版と、ニーチェ『ツァラトゥストラはかく語りき』ドイツ語版に挑戦するも、どちらも1ページで挫折。
『魏志倭人伝』もオール漢文だったので、ソッコー挫折。

結局、鈴木三重吉による現代語訳の『古事記』に落ち着きましたが、子作り前に最初にお互いがかけた言葉とか蛭子の話とか出てこないので、だいぶ端折っちゃったバージョンのようです。
でも面白いけど。

男っていつの時代でもどこの国でも、呆れるほどに美人が好きですな〜。
今こんなんがまかり通ったら、文春砲くらって不倫とか近親相姦で叩かれて炎上・謝罪+即失脚やで……。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古事記物語新版 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 鈴木三重吉 ]
価格:648円(税込、送料無料) (2018/4/28時点)

最近思うこと。
世の中の営業電話の「大切なお知らせ」は、すべて大切じゃない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA