オムレツと稲庭うどん

稲庭うどん

一見ちゃんとした一汁一菜に見えて、主食はうどん。笑

お米を炊くのが面倒な時はついつい麺に頼ってしまいます。

まとめて炊いて小分けで冷凍、小鍋で1回分だけ炊く等、やることはやるんですが、如何せん給水+炊飯時間+お釜などの洗い物が。

麺ならその時間で完食まで行けますからね……。

ネットで最近、炊飯器を買わずにレトルトご飯で済ませる家庭が増えたという記事を見ましたが、ちょっと気持ち分かる。
共働きだと、どうしてもご飯にかける労力削りたくなるだあね。

うどん

最近家人の妹氏が国指定の難病になってしまい、病気の特性上お見舞いに食べ物を送るわけにもいかないので、本をチョイス。

本

少しでも癒されますように。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シマエナガちゃん [ 小原 玲 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/6/5時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もっとシマエナガちゃん [ 小原 玲 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2019/6/5時点)

ナンダコノカワイイイキモノハ。
可愛すぎるんですけど、シマエナガ。

いつか北海道まで撮りに行きたいなあ。
その前に、沖縄に住んでいるうちに、クロツラヘラサギを撮りたい。
家庭の事情でいつ福岡に強制送還されるか分からないので。

本命は、このレシピ本。
食べ物が制限されるのは、本当に可哀想。
これで少しは体調良くなるといいな。

こちらは、自分でこの金額を出してまでわざわざ買わないだろうと思ってチョイス。

違うのです。
価格をディスっているわけではないのです。
お金に余裕がある方は問題なく買えるでしょうけど、妹氏の場合はこれから治療費が大変だろうし、こういう本にお金をかける余裕はなくなるだろうなー、という勝手な推測なのです。

妹氏は手芸が得意で何を作らせてもプロ並みの腕前なので、この本を参考に、何かお金になることができるのではないかと思いまして。

価格に申し分ないほど、素敵なデザインの刺繍がたくさん載っていました。
ホント、世の中いろんな才能があるなあ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しずく作品集&撮影テクニック [ 浅井美紀 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2019/6/5時点)

しずく写真の本は唯一の自分用。
前に本屋で一目惚れして、おこづかいが貯まったらいつか買おうと思っていた本。

こういう写真を撮ろうと思ったセンスの素晴らしさよ。
すごいなあ。
ほんと、世の中いろんな才能が(以下略)

中身をお見せできないのが残念。
素敵な水玉写真がいっぱいです。

特にアリが水玉を飲んでいる(と思われる)写真なんて、生命に対する畏敬の念を感じるし、その繊細な雰囲気に感動。

勉強になりました。
マクロレンズ欲しくなる。危険危険。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA