千光寺

阿藻珍味:尾道ラーメン

愛媛の友人親子にいただいた、阿藻珍味(あもちん)の尾道ラーメン。
ありがとうございます!!!

あもちん

ひゃっほう!
4袋入りや!
2回食べられる!

原材料

尾道(おのみち)は体がふたつあれば絶対住んでみたいとこ。

福岡時代、好きで好きで好きすぎて、年1ペースで通ってました。
お金があったらきっともっと通っていただろう。
あの頃の私は、石垣島と尾道に行くために働いていたと言っても過言ではないです。

尾道は、いつ行ってもその辺を散歩している地元の方がお寺や史跡やお墓の由来を色々解説してくれて、ちょっと地図を広げているとすぐ声をかけてくれて。
(スマホなんてなかった時代な)

朝ドラの舞台になる前からこうだったので、昔から街全体が優しいんだろうなあと。

ボランティアガイドのおじいちゃんに

「いや〜、尾道は人はいいし食も美味いけど、若い人にとっては仕事がないよ」

と言われて移住は挫折しましたが、ほんと、一度は住んでみたかった。

あの当時はネットで稼ぐとかリモートワークとか、そういう方法あんまりなかったからなー。
今なら電気さえあれば、どこでだって仕事ができる時代ですけど。

ちなみにそのおじいちゃんには何度か尾道を案内してもらったことがあり(約束していたわけでもないのに、毎回街中でたまたま会うのです。運命や)、江戸出身でちゃきちゃきのべらんめえ調なのですが、転勤で尾道に来て尾道をすっかり気に入ってしまい、そのまま次の転勤を拒んで退職して尾道にいついちゃったんだとか。

おじいちゃんのおかげで、我々は尾道を舞台にした映画を全く見たことがなくても、ここが**が**した場所、とか、**の家として使われた洋館とか、色々詳しくなりました。
たぶん、私と家人も結構尾道をガイドできるんじゃないかと思います。笑

歩道の模様で寺へ通じる道が分かると教えてくれたのも、おじいちゃん。

▼この模様がある道は、どこかしらの寺や史跡に通じてるんだそうです。
石畳

おじいちゃん、元気かな。
あの当時でもう結構なお年だったからな。

ああ、また行きたくなってきた尾道。
福岡に強制送還されたら、絶対行こう。
桜の季節に、1日中ぶらぶらしてたい。

魅力を伝えるため、過去に撮った写真を並べてみます。
撮った写真のごくごく一部なんですけど。

写真やってる人には本当におすすめな街です。
あと、猫好きな方にも。

猫がいたるところにいて、岩合光昭さんごっこできます。笑

▼有名な千光寺
千光寺

▼から見える、尾道大橋&尾道水道。
尾道大橋

▼尾道水道。対岸は因島(いんのしま)。
おのみち

尾道水道

尾道

▼天寧寺のしだれ桜
枝垂れ桜

▼西國寺の階段
西國寺

すっごく脱線しましたが、尾道ラーメンは煮干出汁で背脂ちゃっちゃ系で細めの平打ち麺が特徴。
私にとっては激ウマです。
お店によってあっさりだったりこってりだったり、とても同じジャンルとは思えない差が。

家人のご贔屓はあっさりめの喰海(くうかい)。
私の贔屓はこってりめの東珍康(とんちんかん)。

他にも魅力的な尾道ラーメン店がたくさんあります。

阿藻珍味はおそらく実店舗はないのではないかなー。
お土産品だけではなかろうかと思います。知らんけど。

夕食 ラーメン

▼背脂〜。普段は特に好きではないけど、尾道ラーメンにはコレでしょー。
背脂

▼平打ち麺。うまー。
麺

懐かしい味〜。
煮干し最高。
帰りたいなあ、尾道。

ごちそうさまでしたっ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

尾道 ラーメン阿藻珍味  尾道ラーメン 4食
価格:1183円(税込、送料別) (2019/9/30時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

阿藻珍味 尾道ラーメン 2食
価格:617円(税込、送料別) (2019/9/30時点)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA