シークワーサーパスタ

今年もやって参りました、この季節が。
シークワーサーパスタ。

ベースはクリーム系、オイル系、和風(明太子)、どれでも合います。

今日はクリーム系。
本当は生クリームで作るんですが、ケチって牛乳でやったら、やっぱりコクがなさすぎて美味しくなかった……。

(植物性のクリームが嫌→乳成分100%のクリームだと高い。
沖縄は普通の牛乳でさえ高いのです。
2018年10月現在、946mlが1本300円近い。
特売ですら、底値198円。
ちなみに全国平均は200円前後で、平均小売価格は沖縄が一番高いようです。
アメリカ統治の名残で、牛乳は1/4ガロン=946ml。
本土の1lより54ml少ない上に、お高いのです。
特に夏は暑さで生産量が落ち、空輸品がメインになるので、高い上に流通も少ない。
争奪戦です、まじで)

作り方は

  1. パスタゆでる
  2. 同時にフライパンで生クリーム加熱
  3. ふつふつしてきた②に粉チーズ投入。味が足りなければ、塩もプラス
  4. 最後に麺とシークワーサーの絞り汁プラス

分量はすべて 適当 好 み の 量 です。

うちは生クリーム半パック、粉チーズ大量(ボトル1/3〜1/2くらい)、シークワーサー5、6個でやります。

なぜシークワーサーなのかというと、沖縄ではそっちの方が安いから。
レモンは1個100円以上ですが、シークワーサーだと数十個もりもり入って100円前後なんです。

レモンの代用として重宝しています。
無農薬栽培が多いので、皮も使えるし。

安い時に大量買いして、絞り汁を製氷機で小分けにして冷凍したり。
丸のまま冷凍したり。
通年大活躍です。

本能のままにおかずを油淋鶏(半分魚フライだけど)にしてしまったので、主食もおかずもどっちも酸っぱい。
が、美味しいので、よし。
(イタリアンと中華?ってツッコミは不要です。うちはよくある。あんまり拘らない。野菜とたんぱく質とれれば、料理の国籍は問わぬ)

人生の8割を「ま、いっか」で済ませております。

久々の豆苗、うまし。
黒酢に合うなー。

シークワーサーパスタ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA