ジェノベーゼ

ジェノベーゼ

台風に葉っぱちぎられるくらいなら、己でちぎったるわ!

と、もりもりバジルを収穫したのでジェノベーゼに。
松の実はもらいものが冷凍庫にあったし、オリーブオイルは常備。
作り方は適当です。
フードプロセッサーでガーッと。
たぶん、イタリア人に怒られるレベルの適当さ。

ワカモレは家人作。
シャキシャキの新タマとクミンがきいてて美味です。

ご近所さんからゴーヤーを立て続けに3本いただき、ここ数日いろいろな味でちゃんぷるってます。

ダントツ1位はザーサイ炒め。
(安いプライベートブランドよりちょっと高くても桃屋派!!!)

次点が食べるラー油炒め。

どちらもゴーヤーの臭さが消えて、めちゃくちゃ美味しいです。
めんどくさい時はスライスしてポン酢と鰹節で食べるけど、あんまり好きでないです。
ゴーヤーは炒めた方が絶対美味しい。

うちの場合は

  1. ゴーヤー1本を好きな厚さにスライス→塩もみ→しんなりしたら軽く洗ってしぼる
  2. ザーサイ(瓶の半分が目安。好きなら1瓶でもOK)刻む
  3. 豚肉(好きな量。うちは多め。バラでもモモでも好きな部位を)1cm幅に刻む
  4. 豚→ゴーヤー→ザーサイの順で炒め、塩気が足りないようなら好みで醤油

ザーサイがしょいーのと、ゴーヤーを塩もみしてるので、あんまり醤油入れなくてもよいかと。
ザーサイは刻めば刻むほど、味が馴染みます。
でかいままだと、ゴーヤーの苦さが目立つ。
肉はスパムだとしょっぱくなりすぎるので、フツーの豚肉推奨でぃす。

ジェノベーゼとゴーヤーチャンプルー

今回の写真のは、冷凍していた豆腐を解凍して水を絞って切って加えており、最後に卵でとじました。
たんぱく質多めを意識。

桃屋のザーサイ、本当に素晴らしい。
いい仕事するー。
うーまーーー。

なんか麺日記なのに全然ジェノベーゼの話してないですな。
まあいいや。

明日の弁当も全く同じメニューであることをここに誓います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

桃屋 ザーサイ 100g
価格:298円(税込、送料別) (2018/7/3時点)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA