キャセロール

先日、某有名ブログを見ていて美味しそうなレシピを発見。
冷凍のインゲン豆と某社のクリームスープ缶と市販のフライドオニオンと醤油少しを混ぜて焼くだけという。
(リンクを貼りたいけど、許可取ってないので貼れない……)

で、投稿が前後してまうのですが、16日土曜の夕飯はコレでした。

インゲンのキャセロール。
レシピが気になる方はこの単語でGoogle先生に訊いてみてください。

今回はその辺に余っていたショートパスタ入れました。
そしてキャセロールではなく無印の琺瑯使用。
座右の銘、適当。

簡単でめちゃくちゃ美味しかったです。
でも、たぶんもう作らない。
そもそも某社のスープがあまり好きではない。
たまたまお試し用に買っておいた賞味期限切れの1缶が家にあっただけで。

いや、沖縄ってやたらこの某社のスープが売り出されるのですよ。
某大国の統治下にあったせいか、スーパーの缶詰の種類がバタくさい。
周りのお婆様方があまりに買うので、そんなに美味しいのか?と試しに2種類買ってみたのですが、あまり好みではなく。

台風で買い物に行けない時とかに、重宝されたんだろうなという薄らぼんやりした味なのです。
沖縄の人にはソウルフードらしいので、気になる方は試してみるのもいいかもです。
沖縄だと売り出しの時は100円以下です。
あと、ステーキハウスなんかでもこの手の薄らぼんやりした味のクリームスープがよく出されます。
薄い塩味の、クリームスープ。

ところで以前、会社でラジオがかかっていることば書きましたが、今日こげなニュースが。

▼クリスマスソングは不快? 長期化と連続、心の健康に影響も(CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース
https://www.cnn.co.jp/fringe/35112118.html

超わかる!!!!!!!!!!

私は確実に「不快と感じる25%」の中におります。米国人やないけど。
ラジオが、12月に入ってからずっとクリスマスソングなのです。
「リクエスト2件きてます」とか聞くたびに
頼むからもういい加減リクエストせんでくれ〜(>_<)
と思っていたのです。
ええ、ただの愚痴です。

クリスマスに恋人がいないのにそういう曲が流れるのが嫌とかいう陳腐な理由ではなく、毎年毎年毎年毎年同じ曲を聞かされるのがもううんざりなのです。
まさに「過剰な氾濫」。
朝から晩まで何曲流せば気がすむの、ってくらい。
ただでさえ聴きたくない曲たくさん聴いてるのに、それに輪をかけて1日中クリスマスソング。
ラジオ横の席としてはしんどいのです。
(職場は全員ラジオ肯定派なので「消して」とは言えないし、社長のご意向は絶対である。だって私はサラリーマン。社長大好き)

どんなに名曲であろうと、じょんもわむもまらいあもたつろうもまりやもじゅんいちもみどりもうおなかいっぱいス。(継承略)

ごめんなさい、ラジオ局の人。
一生懸命番組作っていらっしゃるのはとてもよく理解しておりますが、私は25%の不快派……。

さて、ここ数日結構寒い沖縄ですが、沖縄は暖房のない建物が結構あります。
家の備え付けのクーラーも暖房機能ついてないし、どこも本土より暖房に関する頓着がない。
(たぶん道民の家にクーラーがないのと同じ?)

特段寒いのは12月末〜2月末くらいまでなので、そこだけ我慢すればいいって感じなのでしょうか。
炬燵のある家もほとんどないようです。(普及率10%以下で、保有率は47都道府県中最下位だそうな。ちなみに、うちもない。ホットカーペットで足りる)
でも建物はほぼコンクリなんで、結構冷えます。

で、底冷えする会社でジーンズの上に暖パン(外側ナイロン地、内側フリース)履いてみたら、これが超快適なう。
捨てなくてよかった、本土で愛用していた暖パン。
ということで、声を大にして言いたい。
沖縄の冬は、建物内の方が寒い時があるということを。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA