沖縄そば

大家&パイナップルパーク

本日は特に何をすると決めていたわけではなく、お正月に全力でだらだら旅をする、というコンセプトのもと動いております。

で、瀬底島の後は、ネットで三が日でも開いているお店を探し、名護市の百年古家 大家(ひゃくねんこか うふやー)へ。
沖縄そば、琉球料理のお店です。

いやもうほんと、正月早々開いていてくださり、ありがとうございます。

お店は谷底にあり、坂の上にある駐車場から徒歩でぐいぐいぐいぐい斜面を降りていくと、一番底が開けていて、そこにでっかい古民家の母屋が数軒あります。
(お土産屋とソフトクリーム屋も併設)

ここに複数の古民家を移築・復元したらしいです。
家だけでも、見る価値アリ。
風情があります。

お正月で混んでいたけど、120席もあるので、お土産眺めつつちょっと待てば入れました。

沖縄そば ソーキそば

私と家人は骨が面倒臭いので、いつも三枚肉の沖縄そば派。
おかんは肉食なので、ソーキそば派。

麺

もっそもその小麦粉系ゆで麺。
正しい沖縄そばや。(褒めてます)

出汁はカツオ系のあっさりめでした。
好き。

価格は1,000円前後です。
単品だったのでそこまで高くはなかったけど、これだけの規模のお店なので、大衆食堂のような格安でもなかったです。

お客人いてるので、価格等の記録は取ってません。てへ。

シュークリームみたいなスイーツも気になりましたが、リンゴカフェでたらふくケーキ食べたので自重。
次来た時、リベンジしようと思います。

お店は庭園の横に作られているためヤブ蚊が多く、この日、初蚊を仕留めました。
正月2日に蚊って……。

無人カー

さっき、谷底と申しましたが、ここで伏線を回収。
ええ、帰りは無人カートが駐車場まで自動運転で送ってくれるのです。

子どもが喜びそう。

この導入費が使えるって、よっぽど儲か(略)

近くにナゴパイナップルパークがあったので、パイナップル好きの道産子Mのために、寄って差し上げる。

ここはテーマパークなので、本当は入園料がかかります。

(2019年1月現在
営業時間 9:00~18:00(年中無休)←駐車場からのバス移動があるので、最終受付は17:30
大人(高校生以上)850円
中人(中学生)600円
小人(小学生)450円
小学生未満 無料)

しかし、沖縄に住んでいると、パイナップル農園には全然興味が(略)

ですが、ここは優しいお店。

正面から入園料を払って農園に入らずとも、裏の売店から入って、お土産だけ買わせてくれるのです。
めちゃくちゃありがたい。
本当にすみません。

お店に敬意を払い、おかんに孫土産をしこたま買わせました。笑
我々も、絵葉書やパイナップルケーキなどをちまちま購入。
ありがとうございます、パイナップルパーク。

パイナップルジュース パイナップルパーク

道産子Mはパイナップルジュースの試飲がお気に召したよう。
何やら土産を買い込んでおられました。

パイン好きにはパラダイスだよな〜、確かに。

昔は生パインも食べ放題だったのに、季節や収穫量も関係しているようで、近年見なくなりました。
でも、お菓子の試食や飲み物の試飲は、相変わらず気前が良いです。

パイナップル好きな方にぜひ行っていただきたいな〜。

※情報はすべて2019年1月現在。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA