カルグクス

カルグクス

以前、 韓国人の友達が送ってくれた 麺。
韓国版うどんですな。

ミョルチカルグクス。

ミョルチ=イリコ、煮干し
カル=刃物とか包丁とか
ククス=麺(発音は都度ククスになったりグクスになったり、聞こえようによってはクッスだったり、面倒なので法則は割愛)

お店で食べるとかなりの当たり外れがありますが、個人的にはイリコ出汁手打ち麺のお店が一番好きです。
機械で製麺された麺より、コシがあって。

Myキングオブカルグクスは釜山で食べた、名前もわからない裏通りのお店。
釜山に行く度に通ってました。
あれが沖縄にあったら誇張ではなくたぶん毎日もしくは1日置きに通う……。

カルグクスの味付けはお店によってかなりの個性があり、私の場合

  • エホバク(朝鮮かぼちゃ)の細切り
  • 韓国海苔
  • ごま
  • にんにく
  • じゃがいもの細切り
  • 溶き卵

が入ったバージョンが好きです。

あと、麺が別茹でじゃないバージョン。
生麺を出汁で煮ていて、やや、でろーんとしていて。
普通のうどんと違って美味しいのです、これが。

この味は本当にお店によるので、日本の普通のうどんと同じでゆで麺+すまし汁タイプで全く具のないバージョンもあるし、人参の細切りとか錦糸卵とかなにやらゴテゴテ入ったのもあるし、アサリ出汁のもあるし、色々です。

うどん好きな方にはぜひ、韓国でカルグクスを食べ歩いていただきたいなあ。
自分的大当たりなお店を見つけた時の楽しさったら。
豪勢な焼肉もチーズタッカルビもいいけど、素朴なカルグクスも美味しいってことを主張したい。

ま、ソウル在住の知人は酸っぱいカルグクスに当たって大外れだったと申しており、そういうパターンもあるようですが。
どないな味やねん、酸っぱいうどんて……。

中身 麺

今回いただいたものは生麺タイプで、油コーティングで麺の劣化を防いでいたので、若干酸化油臭が。
あの、五木のうどんと同じタイプですな。(Q州人にしか分からない例え)

かやく

フリーズドライで、かやく入ってました。

完成品

よーくお湯で洗って油臭落として食べたら、うまし。
出汁文化圏の日本人にとっては、ほっとする味ですな〜。

ありがとう、友よ!!!
ごちそうさまでしたっ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA