ビーフン

新竹米粉

福岡人の私はビーフンって給食で食べるくらいで家庭で食べて育ってないので、どこが美味しいとかよく分からないです。
が、新竹のビーフンはめちゃくちゃ美味しいと思う。

なんだろ、この絶妙な細さともそっとした食感。(褒めてます)

下川裕治氏の『週末ちょっとディープな台湾旅』(朝日文庫)を読んでいると、無性に食べたくなるのですよ。
あの文章は、ずるい。笑

那覇は中国食材は結構揃うので、やっぱり台湾が近い影響かなあと思います。
そういえば、私の周りにも台湾に縁がある人多いかも。
かかりつけの医師は台湾人だし。

作り方

原材料

うーむ。
作るのに結構気合がいるから、敬遠してるのかも。

下準備

下準備が超絶めんどくさい。

味付けはまあ、鶏ガラスープの素とかソースとかでいいけども。
準備がよ。

完成図

でもこの美味しさには変えられないかー。

うまー。

美味しくて大好きなんだけど、面倒臭すぎてあまり食卓に登らないビーフンなのでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユウキ 台湾産新竹ビーフン(150g*2コセット)
価格:561円(税込、送料別) (2020/3/23時点)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA