焼きそば

本家亀そば イオン那覇店

でも今日は、沖縄そばではなく焼きそばっ。

※情報はすべて2020年1月現在。

年度末が近づき、仕事が立て込み、何もしたくない病絶賛発病中。

週末をつなぎ合わせて生きてる感じです。
働かなくてもいいの国が見つからない。

メニュー

ま、見つかったところで何か仕事はしてる気がする。
でないとダメ人間になりそう、私の場合は確実に。
休みだと昼寝5時間とか平気でやっちゃうもん。(脳細胞死にまくり)

焼きそば

沖縄の焼きそばはケチャップ味とソース味があるけど、ここんちはソース味でした。
美味しい美味しい。

麺

でもこの麺はたぶん沖縄そば。

ま、メニュー名は焼きそばなので焼きそばとしてカウントしとこ。

ごちそうさまでしたっ。

働かなくてもいいの国といえばすぐに、国民の9割が無職で肥満だったナウル共和国(今はどうか知らんけど)を思い出すのですが、ああいう事例を見てるとやっぱりなんだかんだで労働って大事だなあと。

※ナウル共和国:80年代リン鉱石が豊富に取れバブル→労働はすべて海外からの移民に頼り、国民は働かず。医療費・学費・水道・光熱費・税金までタダ、生活費まで支給、新婚には一軒家までもらえていたのが、90年代後半にリン鉱石枯渇→国民総貧乏→それでも労働意欲は起こさず、いかに働かずに稼ぐかを考え、えげつない稼ぎ方+資金援助で黒い金によって国を運営しているという……。

あの国はどうなっていくのだろうと、ついつい考えてしまいます。
余計なお世話であることは重々承知しておるが。

生まれる国は選べないですからね。
生まれてくる子どもたちに罪はない。
でも、教育する側が労働意欲を失っているわけだから。

なんていうか、せつない。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA