ビューホテル平成

福岡9)ビューホテル平成

※情報はすべて2019年11月現在。

今回借りたレンタカーのカーナビと超絶相性が合わない、念の為フルカバーの保険に入っていてよかった、という話を数記事前の糸島編で書いたのですが、その最大の要因が、↓コレ。

ナビ

なぜこの道を選ぶ?ナビよ。
(助手席の道産子M撮影)

分かります?
どんだけヘアピンまみれか。

確かに我々も悪かった。
どうしてもナビが我々の通りたい道を挙げてくれないので、途中までは Google Map に従って、よし、この辺からならさすがにこのナビも我々の行きたい道を選んでくれるだろうと思っていた。

けども。

ナビが選んだ道が、Google Mapと違う道であることに気づかなかった我々は、悪夢としか思えない峠に突っ込んだのです。

その名も、かんかけ峠。

どこやねん。

上の地図では便宜上ハンググライダー発進基地にポイント置いてますが、その前後のぐにゃんぐにゃんの道が、我々の通ったかんかけ峠です。

Google Mapでは表示されないような狭い道なのに、なぜかナビはこの道を行けと。

こげな道ち知っとったら行かんかったわばかちんが!(八つ当たり)

走るに連れ、どんどん狭くなる道。
ぐんぐん登る山道。
街灯なし。
というか、対向車が来ても絶対離合(※)できない、車1台がやっとこ通れる道。
ヘアピンすぎて切り返さないと曲がれないカーブ*複数。
走るにつれ車体にごつごつ当たる雑草(たぶん)。
Uターンしようにも、できるスペースもない。
もう、進むしかない。

※離合(りごう)って、普通に変換できるし辞書にも載ってるから標準語だと思ってたら、九州しか使わないらしいですね。
車同士がすれ違うことです。
たった3音でちょー便利な言葉だと思うんですが、全国区ではないんだ。
標準語では何て言うんだろ。
いちいち「狭すぎてすれ違いできない」とか「あそこの”すれ違いポイント”で待機して対向車待って」とか言うのかな。

後半、私はもう心の中でお経を唱えながら運転しておりましたよ。
対向車絶対来るなよ、と。

まあ、世の中広くて素敵な道がいっぱいあるのに、好き好んでこげな道通るのうちの親父くらいしかおらんやろ、とは思ってたけど。(←超そういう人)
案の定誰も来なかったけど。

車がアルファードとかセレナとかハイエースクラスでなくて本当によかった。
でもよれよれになりました、6人乗りの中型ワゴン(W1クラス)。
本当にフルカバー保険さまさまでした。(多少の傷は大丈夫)
入っててよかった。

宿に着いたのは予約時間の1分前で、ハマっ子Kに至っては嘔吐寸前のグロッキー状態。
車を降りてもまともに歩けないほどに。

ごめんよ。
でもあの道、酔わないように運転するの、誰でも無理や……。

かんかけ峠。

人生で2度と通りたくない道、ぶっちぎり首位となりました。
坂本峠(佐賀と福岡を結ぶ旧道。有料トンネルができる前はこの峠しかなかった。これも結構悪路)のがまだ可愛い。

ビューホテル平成

とりあえず無事に宿に着いたよ!

▼宿からの眺め:朝倉、田主丸(たぬしまる)方面。
風景

▼宿からの眺め:うきは方面。川は筑後川、山は耳納(みのう)連山。
景色

お世話になります、大好きなビューホテル平成!
筑後川が見渡せる露天風呂が、最高な温泉宿!!!
(実際はもっと真っ暗でした。これは翌朝とった写真)

原鶴温泉からは離れていて繁華街ではないけど、この景色は最高なんです本当に。

▼公式サイト。SNSのフォローよろしくと書いてあるので、リンクOKと判断しました。
http://www.viewhotelheisei.com/index.php

入浴だけでもできます。
福岡時代、ぷち旅行したい時に、よく行ってました。

仕事の都合、後から合流の幼馴染Uもここで合流。

お出迎えのお抹茶

おもてなしのウェルカムお抹茶がしみじみ美味しゅうございました。

本日の酒メニューはこのように。

酒メニュー

酒メニュー

酒メニュー

酒メニュー

↓あー、文字切れてた。ごま焼酎です。

酒メニュー

酒メニュー

酒メニュー

なんと泡盛まで。

地酒(この地域だと田主丸、杷木(はき)が該当)が置いてあるの、いいですね。

飲んべえたちにはたまらないラインナップのようです。

ちなみにハマっ子夫妻、道産子M、幼馴染U、みんなザルを超えた「枠」の域です。
羨ましいくらい飲める。

いいなあ酒の美味しさが分かる人。(わたくしめは、分かる前に吐く体質)

食前酒 お酒

食前酒からのビールからの。

二階堂

焼酎。

これ1本平気で開けちゃうんだもんなー。
すごすぎる。

お食事メニューはこちら。

メニュー

ひゃほー!

お腹いっぱいで頼まなかったけど、追加メニューもありました。

追加メニュー

何はともあれ、宴会じゃ!

1年間頑張ってきた我々、お疲れ様!

夕食 茶碗蒸し

前菜 お刺身

耳納豚 とろろそば

茶碗蒸し レモン鍋

しんじょ 天ぷら

むかごご飯 デザート

どれも美味しかったけど、やっぱり耳納豚のレモン鍋が、美味しかったな〜。
(耳納山地、耳納連山(みのう)は、筑後では有名な山)

あの激狭ワインディング峠をall独り運転で乗り越えたっていう試練のあとだから、美味しさもひとしお。

パール麺

しれっと麺もついてました。

これは、シャキシャキの不思議食感海藻麺だよなー。
麺ジャンル分けのタグ作るの面倒なので、今回はタグ付け割愛。

食事の後は、部屋飲み!!!

宴会

この大人の修学旅行では毎回皆でお揃いの置物を購入しているのですが、今回はこれになりました。

木うそ

太宰府の、木鷽(きうそ)。

ふるさと納税あるんや。笑

鷽(うそ)という鳥の形をしたお守りです。
鷽替えという神事に使われるので、本当は1年が終わったらお納めしなければならない物。

ここは勝手に旅の記念に置物として、家に置かせていただきます。

この頭のカールはノミ1本で掘るらしいです。
職人技。

▼宿からの眺め。
夜景

さて、飲めないおかんとわたくしめは早々に離脱してしまいましたが、飲んべえズは夜中まで盛り上がっていたようです。

おかんは元気とは言え高齢だし、私は明日の運転に備えて睡眠を頂戴した次第。

アルコール耐性と体力が欲しいなあとしみじみ思う夜でした。

続く。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA