ソパ・デ・アホラーメン

先日カルディで購入した、ソパ・デ・アホラーメン。
ソパ・デ・アホとは、スペインのにんにくスープのこと。

カルディはパクチー味だの塩レモン味だの、季節ごとに色んな戦略を練りますね〜。
見事に乗せられたがな。

登山を嗜む者として、このワン・ツー(開ける、お湯入れる)で食べられるラーメンは大歓迎です。
登山で食べるカップ麺の場合、かやくはゴミになるし、いちいち開けるのが面倒臭い。
特に冬山なんて、乾燥でカサカサの手がかじかんで、開けるのに一苦労ですもん。
静電気でかやくの中身出てこないし。

で、味なんですが、そこまでニンニクを感じなかったです。(※個人の感想です)
筆者の鼻はおかしいのかもしれません。
麺は普通の昭和な感じの揚げ麺。
ノンフライではなく、カップスター系の昔懐かしいカップ麺がお好みの方には良いのではないでしょうか。

 

写真に写っているレトルトスープの方は、パンがないので断念。
別の日に食べることに。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA