パッケージ

三養ラーメン

ブログを書くたびに「家人」を「華人」だの「歌人」だのに変換してくれる素敵なMacちゃんですが、「さんやん」と打ったらなんの迷いもなく一発で「三養」と変換してくれます。

そこじゃねえ。
そこじゃねえんだ。
Macよ。

Macの入力学習機能ってどうなってるんですかね。

あと、人名も中々覚えてくれません。
否、全く微塵もこれっぽっちも1文字たりとも覚えてくれません。

何度同じ名前を打っても、膨大な変換リストの底から探し出してこないといけない。
あんさんの学習機能どげんなっとるとか。なあ。

あまりにひどいので、先程Google日本語入力に変えたりました。
ひとまず快適!!!

全然りんご教信者ではないのですが、仕事で使うので仕方ないのです。
今後もゆるーく付き合うしか。

話がそれ過ぎました。
三養。
って、ここまで打って、今度はこの単語に関してはGoogleの方がイケてないことを知る。笑

変換例

あははははは。
AppleもGoogleもそれぞれに個性的だなあ。
一長一短。

原材料

話戻そ。
全く分かりませんが一応載せておきます、原材料。

野菜炒め 華味 ラーメンスープ

昼が素ラーメンだったので、夜はちょっと栄養補給。

1袋を家人と半分コなので、肉と野菜でカサ増しです。

野菜は味噌味にしました。
半分コだとどうしてもスープが薄まるので。

辛いのと味噌と味が混ざるじゃん!とお思いになる方もいらっしゃるかもですが、我々は「生きる適当」なので、美味しければモウマンタイ。

しかしどんだけ好きなんだ、ベル食品。笑

スープとかやく 完成図

そしてとりあえず卵食べてりゃ死なない。(すぐには)

麺

三養は韓国人の友人の推しメーカーで、よく送ってくれます。
日本のインスタントラーメンに比べて韓国の麺は太めなので、食べごたえがあります。
当然ですが、辛いです。

20数年前、まだ出会ったばかりの頃、友人に

「なんで韓国のラーメンは全部辛いの?」

と訊いたら、

「逆になんで日本のラーメンは辛くないの?」

と訊かれ、ものすごいカルチャーショックを受けました。(いい意味で)
互いの常識が全く違うってことが、面白かったのです。

なんというか、自分の物差しだけで物事を見るのは危険なんだなーと悟った日。
こげなこつで。笑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA