沖縄そば

きくや:沖縄そば

家人の知人の個展を見に、那覇市は奥武山(おうのやま)の、がじゃんびら公園へ。

公園の近くの、GALLERY ATOSを目指します。

本土人の我々にはまったく意味が分からなかった、がじゃんびらというワード。

がじゃん=蚊
びら(ひら)=坂

分かるわけない。笑

そしてなんちイヤなネーミングばしとるとか。笑

名前の由来は諸説あり、ネットでみる限り

坂付近に住む人名または屋号、「我謝の坂(がじゃぬひら)」から転訛したものでは?という説と、
昔、「いい音がするから」と中国から蚊を持ち帰ってきたらこの坂の上で逃げてしまい、ここから島中に蚊が広まったから、という説があるようです。

どっちが本当なんでしょうね〜。
浪漫だ浪漫。

与那原(よなばる)の知人は後者の言い伝えを教えてくれたので、蚊の話は沖縄ではポピュラーな昔話なのかな。
1人が知ってたくらいでは何とも言えませんけど。

公園はゆいレールのどの駅からもそこそこ遠く、しかも名前の通りかなりの坂・高台なので、炎天下結構しんどかったです。
最近雨が多かったのに、この日だけドンピシャでドピーカン。
行いいいんだか悪いんだか。

▼高台の証拠。遠くにビルが。
がじゃんびら公園

▼展望はこげな感じ。散歩に最高。
展望台

▼国場川、那覇港方面が見えます。
那覇市街地

こんなところにギャラリーがあるとは。

ギャラリーアトス

芸術をきちんと表現できる人、尊敬します。
頭に描いたものを形にできるって、なかなか難しいぞ。

ギャラリーは常設ではなく、毎回違う芸術家の展覧会が行われているようです。
今回の先生は、絵と彫刻をやっておられるらしく、展示はほとんど彫刻でした。(販売もされてました)

すごいなあ。
オブジェとか抽象画とか、全く手が出せない。
作ろうっていう発想がそもそもない。
それを形にしていくって、やっぱり芸術家さんなんだなあと。

福岡で絵画教室をされているそうなので、帰省の際にいつか遊びに行かせてくださいねーと言ってお暇。

先生、冷たい麦茶ごちそうさまでした!!!
まじでまじでまじで生き返りました!!!

絵画

散歩ついでに、気になっていたおそば屋さんがあるので、寄ってみることに。
前に行った時、売り切れで入れなかったんです。

あ、沖縄のそば屋=沖縄そば屋です。
あえて言わんでもご存知かとは思いますが。

外観

那覇市田原(たばる)にある、そば処きくや。

住宅街にぽつねんとあるんですよねー。
沖縄生まれの人たちから「ここが美味しい」というタレコミを結構いただいていたので、一度行ってみたかった。

余談ですが沖縄の地名って、与那原、田原、南風原、新原を、よなばる、たばる、はえばる、みーばる、と読む辺り、九州と同じだなーと思います。
福岡も、前原、檜原、屋形原、陣原が、まえばる、ひばる、やかたばる、じんのはる、だもんなー。
距離が離れているのに、面白い。

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

メニュー

1日100食限定なのかー。
道理でこないだ入れなかったわけだ。

ちなみに今日も13時頃行ったんですが、既にゆし豆腐わかめそばはしまえとりました。
(しまえとる=お終いの終い。終わってるの意。博多弁。二日酔いで死んでる人にも使えます。あいつしまえとるけん今日は使い物にならんごたる、って。どげな例文や。笑)

では、普通の沖縄そばで。

蓬(ヨモギ)

フーチバー(よもぎ)入れ放題。
フーチバーはかなり苦いので、本土人は好き嫌い分かれそう。

沖縄そば

おお。

豚!

出汁、結構豚が強め。

沖縄の人が推してくれた訳がちょー分かる。

沖縄の人が好きな、カツオよりも豚寄りの沖縄そばだなーという感想です。
正統派な感じ。
美味しい美味しい。

麺

自慢の中太縮れ麺、コシがあってうまー。
肉も柔らかくて丁寧に煮込まれた感が。

今日は豚系!って日や、手打ちやガツン鰹出汁のニューウェーブ系に飽きた日は、こういうお店がいいかもですね。
すごく納得の味でした。

漬物

箸休めは大根漬けでした。
結構甘め。

ごちそうさまでしたっ。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA