カレーそば

前日にカレーを、ルーを入れる直前まで仕込んだものの、本日は諸般の事情でご飯を炊く時間がない。
スーパーの炊けている白ごはんも売り切れ。
非常用にレトルトのご飯はあるけど、賞味期限ギリギリまではもたせたい。
(でないと非常用の意味ない)

冷凍うどんでカレーうどんにしてもよかったのですが、賞味期限が切れそうなコレが安かったので、コレになりました。
宮古そば。
2人前、400g、98円の2割引。

腐っても沖縄県民なので、カレーそばといったら日本蕎麦(そば粉)ではなく沖縄そば(小麦粉)です。
郷に従っています。

でも、毎回毎回しつこく言っておるが、1人前200gって狂気の沙汰やから。
残すのも面倒臭かったので、頑張って400g1袋全部使ってみましたが、案の定、量が多すぎると家人からクレームが。笑

なぜ、うどんやそばは200gで売っているのに、沖縄そばだけは頑なに400gがスタンダードなんだろう。
これ以下の量、売ってないんですもん。
カップ入り生麺ならあるけど、付属のスープとかかやくとか要らないし、1個300円くらいするから超割高。

沖縄そば

見てくださいよ、本当なんですから。
全部400g。
せめて最小200gで売って欲しい。

少食や一人暮らしに全然優しくない、沖縄。
(弁当や野菜の量も半端ない)

いつもなら麺の半分は焼きそばやナポリタンにして翌日の弁当に回したりするのですが、今日はもう料理したくなかったので、頑張って食べきりました。

カレーそば

ところでカレーそばですが、かなり美味しいです。

沖縄そば系はおしなべて油をまぶしているので、お湯で洗って使った方がより美味しい。
あと、カレーは出汁汁か麺つゆでのばし、カレー粉を足すとさらに美味しいです。

ちなみに宮古そばは、細くて縮れのない平麺。
八重山そば(石垣島)は、丸くて縮れのない、ちゃんぽん麺みたいな感じ。(正直ちょっと細いちゃんぽん麺だと思っている……)

与那原そばだの糸満そばだの首里そばだの、地方によって平打ちや縮れ、細い太いと特色が異なるようですが、まだどこのそばがどんな特徴かといえるほどは極めていません。
たぶん無理。

個人的には手打ちだと細めストレート、ゆで麺だと太めの縮れが好きかなー。

▼細めの平打ち系。

▼太めの縮れ系。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本場 沖縄そば500g(てるきなそば) │照喜名製麺所 ゆで麺│
価格:324円(税込、送料別) (2018/9/11時点)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA